荒川の滝

あらかわのたき
市街地より約20km
荒川の滝とは

荒川の滝は石垣島唯一の滝であり、於茂登岳(おもとだけ) という沖縄県最高峰の山岳を流れる滝であり、上流と下流の二つを合わせて荒川の滝と呼びます。

上流の滝の落差が約10mあるのに対して、下流は約3~4mなのでそんなに勢いが強いというわけではないので、アクティビティのフィールドになっていて、夏場は滝壺であそんだりシャワークライミングなど様々な楽しみ方ができるそう。

底は砂地で、大人が居れば子供も楽しめます。

ジャングルの様な雰囲気で、炎天下でも日陰で涼しいです。

下流の滝壺に行く道中にはロープが木に縛り付けてあります。

このロープは地元の方から、ターザンロープと呼ばれ親しまれており、約40年以上も前から吊るされているとても頑丈なロープです。

 

森の中に突如現れる、小さな滝。
鳥のさえずりや、水が流れる音に癒され、自然と深呼吸をしたくなる場所です。

 

住所

沖縄県石垣市字桴海

駐車場

約4台(無料)

石垣島 荒川の滝で11月に泳いでみた!(YouTube/竹富島のサトウサトル