名蔵アンパル

なぐらあんぱる
市街地より約9km
名蔵アンパルとは

名蔵川が海に流れ込む一帯の湿地帯と その付近の砂州と干潟を含むエリアをアンパルと呼びます。

広大な干潟とマングローブ林からなる名蔵アンパルは、ラムサール条約で保護された保護地域のため、開発が禁止され手つかずの自然が残っています。

ここには亜熱帯の様々な生き物が生息し、 珍しいカニや魚を間近に見る事ができます。また有数の野鳥渡来地でもあり、カンムリワシやアカショウビンも観察できます。

自然観察、バードウォッチング、潮干狩り、魚釣り等、色々な遊びが楽しめる場所です。

住所

沖縄県石垣市名蔵

石垣島随一のマングローブスポット【名蔵アンパル】が空から見ると絶景過ぎる(YouTube/石垣島絶景Films